1. ホーム>
  2. 教育理念・学校評価>
  3. 共に手を携えて

教育理念・学校評価

共に手を携えて

 『医と慈愛・奉仕のこころ』『医療従事者として自然を慈しむ人格者であれ』。  
 『自主・自立のこころ』 
 「医療に携わる人間として、人類の年輪の中に、自然の摂理と人間の尊厳を感じ、すべての生きとし生けるものに愛する心と慈しむ心を育み、病める手をさしのべる心を持たなければならない」。
 医療従事者として豊かな人格者を育てること。

学校法人村上学園 専門学校日本医科学大学校の教育理念と教育目標

 豊かな健康・社会福祉社会の発展のため、心の通ったヘルス・ケアを通じて 社会に貢献するスペシャリストを育成する。

 これが学校法人村上学園 専門学校日本医科学大学校の教育理念と教育目標です。 

  1. 教育の充実を図る。

  2. 教職員の資質の向上を図る。
       ・教育的支援を行う。

  3. 学生の資質の向上を図る。
       ・求められる人材の育成を図る。
       ・教育的指導と支援を行う。
       ・教育環境の向上を図る。

  4. 国家試験の合格率アップを図る。(最重点目標)

  5. 優秀な学生の確保を図る。

  6. 当たり前のことを自然な形で実践する。

この6項目は、本校の教職員が「共に手を携えて」教育理念と教育目標とともに、実現すべき項目です。

6者が共に連携し、『共に手を携えて』

●『学校』 ●『学生会』 ●『同窓会』 ●『保護者会』 ●『実習・協力病院』 ●『自治体・地域』・・・・の6者が、共に連携し、『共に手を携えて』目標項目を実践創造することです。  

目指す行動指針は、ただ一つ『教育の村上学園』を創造する。ことです。

 

そして、学生全員が、志の試験に合格することです。

このページのトップに戻る