1. ホーム>
  2. 看護師科ご紹介>
  3. 看護師科 Q&A

看護師科ご紹介

看護師科 Q&A

●看護師を目指したキッカケは?

祖父が病気持ちで、よく入院することがあり、その度に看護師さんが親切に関わってくださり、憧れを持ち、 祖父の世話を少しでも看てあげたいと思ったからです。

●専門学校日本医科学大学校を選んだ理由は?

私の高校から専門学校日本医科学大学校に進学した先輩の情報をもとにし、学校見学に行きました。 そのとき丁寧に学校を案内してくれて、とても好印象だったからです。

●実際に勉強を始めて、感じたことは?

すべての授業が看護に関連していて、今までにやったことない勉強や授業で、テストは難しいこともありますが、 すべてが初めてのことなので、楽しく授業が受けられました。

●実習で感じたことは?

基礎の実習では緊張しっぱなしで、記録にも慣れなくて大変でした。 しかし各論になり、記録に追われることもありますが、ケアを行ったり、患者さんと関わることがとても楽しいです。

●先生・講師について?

実習に行くと、学内よりも先生との関わりも深まり、実習中では看護の方向性を明確にするため 細かく何度も記録の指導をしてくれます。 それ以外でも、先生方は家族のような存在でアットホームな雰囲気がこの学校の特徴です。

●将来の夢、目標は?

患者さんに信頼される看護師になること!!

●受験生に向けて

看護師になりたいとう気持ちをいつも忘れずに受験を頑張ってください。 本校の3年間で得られるものは、どこの学校にも負けないはずです。 ここにきて出会えた仲間にも感謝して私は、看護師を目指します。皆さんも是非、日本医科学大学校で一緒に看護師を目指しましょう。

看護師科 Q&A  (2)

●看護師を目指したキッカケは?

私はこの学校に入学する前に、1年ほど大きな病院の薬剤科で助手として勤務していました。 最初の頃は自分が看護を目指すとは全く考えていなかったのですが、病院には様々な専門職のスタッフが勤務しており、 そのとき初めて自分の中で「資格」というものを意識しました。
そんな中、私が決定的に看護師を目指そうと思ったのは、ある日のエレベーターの中での出来事でした。 薬を病棟に運ぶためにエレベーターに乗ったところ、何かの処方を終えた患者さんがベッドに寝かされた状態で、 看護師さん2人に付き添われて入ってきました。患者さんは呻き声を上げながら苦痛を訴えていました。 そこに一緒にいた私は結局何もできずにエレベーターを降りました。 病院勤務の中で初めて味わった無力感でした。そこで、私は本当に心から人を助けることが出来る看護師になりたいと思い、心を大切にする本校を志望しました。

●専門学校日本医科学大学校を選んだ理由は?

勤務先に専門学校日本医科学大学校の学生さんが実習に来ていたので、以前からなんとなく親しみを持っていました。

●先生・講師について?

とにかく熱いです。その看護師に対する気持ちが、私たちをやる気にさせてくれます。

●将来の夢、目標は?

将来的に、何か一つ自分の専門分野を身につけたいと思っています。 今は癌と小児救急に興味がありますが、これから学習していく中で、卒業までに最終的な目標設定ができたら良いと思います。

●受験生に向けて

看護学校は受験よりもむしろ入学してからの方がずっと大変です。 自分の中に強く目的意識を持って学習に臨むことがとても重要だと思います。
私は、高校時代あまり勉強は好きではありませんでした。でも今思います。もう少し勉強する癖をつけておけばよかったなと思います。でも看護の勉強は自分で選んだ道です。最後まであきらめず看護師を目指したいと思います。受験生の皆さんも高校の勉強などつらいことも多いと思いますが、必ず将来の看護師への道につながっていると信じて、そして目標を見失わないで頑張ってみて下さい。
このページのトップに戻る