1. ホーム>
  2. 看護師科ご紹介>
  3. 看護学科のご紹介良くあるご質問

看護師科ご紹介

看護学科のご紹介良くあるご質問


入試について

推薦入学制度はありますか?
あります。指定校推薦入試、一般推薦入試、社会人入試、自己推薦入試があります。詳しくは、事務局へお問い合わせください。
受験の際の年齢や性別はありますか?
18歳以上であれば特にありません。
大卒ですが高卒の証明は必要ですか?
高等学校の卒業証明書と調査書(成績証明書)は提出頂いております。
工業系・農業系の高校でも受験はできますか?
工業系、農業系、商業系等の高校に在籍または卒業していても受験はできます。
入試において、分野での不利はありません。自分が看護師になりたいという志があれば合格への道は拓けると思います。
入試の倍率はどの程度ですか?
平成24年度の入学試験倍率は、6倍〜7倍でした。
各試験により、倍率は異なります。
社会人入試はありますか?
あります。 高等学校卒業後、社会人としての職務経験を有する方が対象です。
詳しくは、社会人入試のご案内をご覧下さい。
過去問題は入手できますか?
過去問題につきましては、公開しておりません。
募集要項の請求方法は?
郵送、電話、メール、ホームページからできます。

授業について

授業・実習について教えてください。
授業は月曜日から金曜日まで、朝は9時10分開始で90分間の授業です。
昼休み1時間をはさみ、午後1時20分から終了は4時30分です。1・2年次は座学(講義)が多く、1年次・2年次後半には臨地実習があります。3年次は臨地実習が主となります。
アルバイトはできますか?
学業に専念して頂くため、原則的には認めておりません。
看護師はどんな仕事をするのですか?
「保健師助産師看護師法」で看護師とは、「厚生労働大臣の免許を受けて傷病者若しくはじょく婦に対する療養上の世話または診療の補助を行う事を業とする者をいう。」となっています。
看護師になるにはどうすればいいのか?どのような勉強をするのですか?
厚生労働省で決められたカリキュラムに沿って本校で3年間勉強していただき、国家試験に合格すると看護師になることができます。
実習では具体的にどんなことをするのですか?
実習は各専門分野の実習をします。具体的には基礎看護実習、成人看護学実習、在宅看護論実習、小児看護学実習、母性看護学実習、精神看護学実習、老年看護学実習です。
夏休み・冬休みは、どれぐらいの期間あるのですか?
夏休み(夏期休業)は6週間〈7月下旬より8月末までにおいて学院の長(以下「学院長」という。)が定める日〉、冬休み(冬期休業)〈12月下旬より1月初旬までにおいて、学院長が定める日〉、春休み(春期休業)は2週間(3月下旬より4月初旬までにおいて、学院長が定める日)となっています。
男子学生の割合は?
その年により若干の増減はありますが、大体10%前後です。男性の入学希望者は年々増えています。
戴帽式とは何ですか?
看護師を目指す学生たちが、 教員からナースキャップを受け取る儀式です。キャッピングされた学生はナイチンゲール像から灯りを受け取り、 そのキャンドルの明かりの中でナイチンゲール誓詞を朗読します。看護師としての職業意識を高めるための大切な儀式で、 本校は2年次の前期に行います。

その他

私立学校の学費は高いのでは?
確かに入学金授業料だけで比べると高いかもしれません。しかし、本校は学校法人なので卒業した後の進路は自由に選択できます。病院、付属、医師会立等ではないので、各病院からの奨学生募集も多くきています。自分の望む形に添った学校選びをされるのが良いかと思われます。
奨学金制度はありますか?
受けられる奨学金は埼玉県の育英奨学金、及び修学資金があります。 又、上で述べているように各病院からの奨学生募集も多数きています。また、在学生の成績優秀者を対象 とした特待生制度もあります。詳細は事務局までお問合せください。
3年間にかかる費用はどの位?
初年度納入金が入学金を含め140万円、2年目、3年目は125-130万円で授業料等で3年間395万円になります。それ以外に各学年毎に教科書教材費、行事費、ユニフォーム代等があり、3年間で100万位になるかと思います。
学生寮はありますか?
法人としての持寮はありませんが、法人の設立以来付き合いのある信頼できる学生寮をご案内しています。
夏休み・冬休みは、どれぐらいの期間あるのですか?
夏季休業は7月中旬より9月初旬の6週間、冬期休業は12月下旬より1月初旬の2週間となっております。
国家試験の合格率はいかがですか?
全国平均程度です。
学校見学はできますか?
学校説明会や体験入学の際、ご要望があれば学校の施設案内をいたします。なお、平日の学校見学は受け付けておりません。
このページのトップに戻る