1. ホーム>
  2. イベント紹介>
  3. 【看護師科】宿泊研修を行いました( Day 2 )

イベント紹介

【看護師科】宿泊研修を行いました( Day 2 )

平成26年4月14日〜15日の2日間、
渋谷区代々木にある国立オリンピック記念青少年総合センターにて、宿泊研修を行いました。

2日目。晴天。
学生・教員が、さわやかに朝の挨拶…と行きたいところでしたが、
開始時間に遅れてくる学生がおり、注意される場面がありました。

「看護師として従事する人間として、遅刻は許されない行為である」。
事務長より、再確認させられる場面がありました。

再確認が終了後は、本題。
本日は、「学校生活をどのように3年間すごすか」ということを、
・問題提起
・情報整理
・情報整理の要約
・統合-ネーミングをつける
に要約し、3年後に受ける国家試験に臨む姿勢を、より具体的な目標設定を行いました。

そのあと、学生の先輩である、看護教員による、
「心に残る看護場面」。

数多くの場面・局面を経験されている、看護教員の経験談の披露があり、
"命"という言葉と近い位置で仕事をする看護師の、心揺さぶられた経験談に、
涙する学生もおりました。

午後。
身体を動かすべく、体操からスタート。

「音楽(伴奏)なし」「指揮者未定」の"自主性が試される"状況のもと、
率先して指揮し、無事終了。

その後、クラスに分かれ、クラスの目標や一年間の個々人の役割を決め、本研修は終了しました。

目的・目標。
この研修で、何度この言葉が繰り返されたでしょうか


初期段階から目的・目標が曖昧で、
親睦会の延長で参加した学生も、最後は「国家試験に合格したい看護学生」へと目つきが変わるきっかけとなった研修となりました。

《Day 1》へ


このページのトップに戻る