1. ホーム>
  2. イベント紹介>
  3. 【視能訓練士科/看護師科】体験入学が行われました

イベント紹介

【視能訓練士科/看護師科】体験入学が行われました

単純に「見る」と言ってしまえば簡単ですが、「見る」ためには複雑な行程が必要です。
「目」はスクリーンによく例えられます。スクリーンを通して伝わった情報を、
脳が「それは一体何なのか」「どれくらいの距離にあるのか」「それは何色をしているのか」
等々、本当に様々な処理を行ない、初めて「見る」事が出来るのです。
「目」について学習するのは同時に「脳」について学ばなければならないとも言えるのです。

本日の体験入学で視能訓練士科では、その目と脳の関係について講義を行ないました。
当たり前すぎて気付きにくい「見る」仕組み。それを学んだ上で、弱視や斜視、視力の弱い方にその
知識をどう還元するのか。
その事を考えるのが視能訓練士という仕事なのです。

一方、看護師科では、体温・脈拍・血圧等、患者さんの状態を知るのに不可欠な情報である、
「バイタルサイン」の測定について体験して頂きました。
こちらについても、きちんと学習しておかないと現場に出た際に多くの人に迷惑が掛かってしまいますし、何より患者さんの不安に繋がってしまうので、大変重要なものなのです。
当たり前のことをしっかりそしてミスなく行なう事が医療従事者として自覚すべきことなのです。

本年度の体験入学は来週9月28日(土)最後となります。
"看護師とは"の一部を体験し、「ご自身の持つ"将来像"」にあいにきませんか。

体験入学・学校説明会のお申込みにつきましては、、
《こちら》より、うけたまわっております。

是非ご参加ください。

このページのトップに戻る