【2月17日】節分 折り紙体験を行いました!

2月17日(水)、メディカル外語学科では【節分 折り紙体験】を行いました。今年はコロナ禍ということもあり、時間帯を分けるなど、感染対策を行った上での開催となりました。

日本の節分では、豆をまく習慣があります。本来豆まきでは、節分用の枡に豆を入れますが、中には折り紙で箱を作り、豆入れとしている家庭もあります。今回はその箱を折り紙で作りました。

実は折り紙で箱を作る工程は案外複雑で、初めのうちは悪戦苦闘している学生もいました。しかし、折り方が分かってくると、意欲的に2個、3個と箱を折り上げていくようになりました。

節分は、「この一年みんな健康に暮らせますように」という願いを込めて行われている行事であります。一同、コロナがいち早く収束することを祈願しつつ、豆入れを作成しました。